【消せば、伝わる!?】言葉ダイエット|橋口幸生

言葉ダイエット
  • コロナ禍で文章力はますます求められます。でも、どうしたら文章力がつくのでしょう。
  • 実は、書きすぎないことがもっとも重要です。
  • なぜなら、あなたは真面目で優秀なあまり、書きすぎてしまっているのです!
  • 本書では、電通のコピーライターである橋口幸生さんが、書きすぎない文章術を教えてくれます。
  • 本書を通じて、新たな角度で文章力磨きの方法が見つかります。

詳しくは表紙をクリック → Amazon

橋口幸生
¥1,650 (2024/02/25 20:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
Rakutenで探す

なぜ、あなたの言葉は伝わらないのか!?

「書く」より「消す」が文章を決める

CHAPTER 1

コピーライターは、消す仕事だと橋口幸生さんはいいます。

CMは15秒しかないし、新聞の紙面だって広いようで案外狭いものです。

限られた場所で、ガツッと伝えるには、短く強い言葉が必要です。

難しい文章は、ほぼ、ヘタクソな文章だ

CHAPTER 1

ビジネスで、難しい!って思う言葉にぶつかることがあります。

賢そうではあるが、何を伝えたいのか分からない。

言葉を機能させなくてはいけません。

たくさん書くのではなく、伝わるように書く。

意識の変換が必要です。

文才ではない!スキルである!!

「文才」という言葉が示しているように、読みやすい文章が書けるのは才能だと、多くの人が思っています。これは大きな誤解です。

CHAPTER 1

橋口幸生さんは基準にそって書く「スキル」が大切だと言います。

基準を知り、守ることが大切です。

基準に沿えば、言葉のダイエットが可能です。

「言葉ダイエット」の8スキル

1)ひとつの文には、ひとつの内容だけ
ひとつの文章に書く内容は、ひとつにしぼります。
一文一意を守れば、ロジックのある文章が書けます。

2)1文は40~60文字以内
1文あたりの文字数を少なくする
目安は40~60字以内

3)抽象論禁止
修飾語、カタカナ語禁止
具体的なことだけ書く
「前提の共有」は最小限度に
「抽象=見出し」「具体=本文」

4)繰り返し禁止
主語を省略
同じ言葉は、言い換え
重言い注意

5)ムダな敬語禁止
自分が嫌われないことより、トラブル解決が優先
丁寧すぎる文章は、かえって印象が悪くなる
伝えにくい内容こそ、単刀直入に

6)表記を統一しよう
同じ内容には、同じ単語を使う
単語の意味を理解してから書く

7)こそあど&接続後の連発禁止
「その」「この」には特に注意しよう
体言止めを使いこなそう

8)Other Tips
「、」やカギカッコの使い方を知ろう
迷ったら新聞社のサイトでチェックしよう

「相手は自分の文章を読みたくない」という前提

CHAPTER 2

コピーライターですね。

ちなみに、これらの教えを意識してみて、前半の投稿を書いてみました・・いつもより少しは端的でしょ!?

本書には、8つのスキルごとに例文があるので、理解の補足になります。ぜひ本書を手にとってみて下さい。

まとめ

  • なぜ、あなたの言葉は伝わらないのか!?――書きすぎです!
  • 文才ではない!スキルである!!――言葉のダイエットをするために基準を知りましょう!
  • 「言葉ダイエット」の8スキル――8つの視点で基準を体内化しましょう!

詳しくは表紙をクリック → Amazon

橋口幸生
¥1,650 (2024/02/25 20:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
Rakutenで探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!