【人生は、他人で決まる!?】それでも今の居場所でいいですか?|蓮村俊彰

それでも今の居場所でいいですか?
  • よりよい人生を目指していく時、何が重要なファクターになるでしょうか!?
  • 実は、自分で直接どうにかできることは、多くないかも。
  • なぜなら、自分を取り巻く界隈の影響を自分は受け、その影響で人生が作られるからです。
  • 本書は、自分と人生を俯瞰する1冊です。
  • 本書を通じて、新しい人生戦略を立案するための視点を得られるでしょう。
蓮村俊彰
¥699 (2024/01/09 18:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
Rakutenで探す
\商品券4%還元!/
Yahoo!Shopping

人生9割、自分以外の要素で決まる!?

自分の人生は自分で作られるものでしょうか!?実は、必ずしも自分だけの力で作られないとしたら・・さらに、自分がどうこうなる領域は自分の人生の要素の10%くらいだったとしたら・・、どう感じるでしょうか。

本書の主張は、一貫して、次のようなものです。

あなたの人生は「あなた以外」で9割決まる

はじめに

自分の人生に起きたことは、すべて自分のせいだと思いがちですが、そうでもないということが言えます。

私たちは、なぜか先入観で、自分のことは自分で引き受けなければならないと思っています。でも、私たちは必ずしも一人で生きているわけではないのです。多くの人や社会全体との関わりの中で、一定程度、「反射」で生きていることも強く否定できないでしょう。

たとえば、キャリア戦略についてもそうです。過去の投稿「【HOW TO リスキル!?】リスキリングは経営課題~日本企業の「学びとキャリア」考|小林祐児」でもありましたが、ビジネスパーソンの多くのキャリア設計が内発的とも、受け身ともいえない、中動態にあるということが指摘されていました。

上記の1冊でレビューされていた通り、私たちは関係性の中で、人生を紡いでいます。

関係性というのは、「界隈」と捉えられます。私たちが影響を受ける範囲のことです。この界隈がわたしたちに影響を与えています。私たちの「幸せの器」を形作るという影響を与えています。

「幸せの器」は私たち一人ひとりが持っているもので、満たされることによって、よりよい人生があることを実感することができます。

「界隈」→「幸せの器」→「私たちのよりよい人生」という構造になっています。だからまず、私たちは、自分の中に人生の決定要素を見つけるのではなく、外に対して開かれた視点から考える必要があるのです。

同じようなアプローチの1冊のこちらの投稿「【意志に頼るな!環境を変えろ!!】FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略|ベンジャミン・ハーディ,松丸さとみ」もぜひあわせてご覧ください。

界隈は着替えられる!?

界隈は着替えられることを意識しましょう。大切なアプローチは、「自分はこうやって生きたい」というスタンスを持ち、界隈調整していく、ということです。

古い服から新しい服に着替えるように、「あなた界隈」を構成する界隈を取り替えたりカスタマイズする。

「本当の幸せの器」をつくるただひとつの方法
蓮村俊彰
¥699 (2024/01/09 18:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
Rakutenで探す
\商品券4%還元!/
Yahoo!Shopping

界隈の分析が重要!?

界隈を着替えるためには、界隈について解像度をあげて、自分なりに分析してみることが欠かせません。ポイントは、今・将来、良い・悪いで、マトリクスで分析することです。

「今に良い界隈」というのは、充実した日々や居心地の良さを与えてくれる界隈のことです。リラックスできる界隈は、日々の幸福度に直結します。肌に合う雰囲気で、人間関係の不安がない職場や学校、家庭生活などがそれです。

ただし、「今に良い会話」だけで良いか・・というとそうでもないのです。

「今には悪い界隈」でも「将来的には良い界隈」というものが必ず存在します。この領域を大切にしなくては、自分の成長がなくなり、よりよい未来=人生を切り拓く原動力を失うことになります。

【オープンと挑戦がキー!?】仕事選びのアートとサイエンス~不確実な時代の天職探し|山口周」でご紹介の山口周さんは、現在への投資と将来への投資の時間配分を意識して、手帳の予定を色分けしているそうです。同じように、界隈の選択についても、どんな場所に身を置くと、これからの自分を作っていけるのか?という考え方で選びたいものですね。

逃げられない界隈なんてない

自分の周りが「宇宙のすべて」ではない

私たちは、自由に考え、移動することが可能です。自分の目指したい方向性を意識した上で、自分がいる場所を調整し続けていくということは、実はとても大切なことかも知れません。

今回の1冊は、一つのパラダイムシフトを提供してくれました。「自己責任」という言葉が象徴するように、どうしても自分の人生は、自分に責任があるのだ、という先入観を持ってしまいますが、それだけでもなさそうです。有名な社会研究に「割れ窓理論」があります。割れ窓が一つでもある地域では、割れ窓が増える=荒廃していくという理論です。そもそも、類友という言葉もあります。

関係性の中で、生きていくかを考えることが大切なのですね。

まとめ

  • 人生9割、自分以外の要素で決まる!?――自分と社会の関係性が、人生をつくる。
  • 界隈は着替えられる!?――身を置く場所を変えれば、界隈を変えることができます。
  • 界隈の分析が重要!?――「今の自分にとっては悪い界隈だが、将来良くなる界隈」も大切にしましょう。
蓮村俊彰
¥699 (2024/01/09 18:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
Rakutenで探す
\商品券4%還元!/
Yahoo!Shopping
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!